不動の人気を誇る不動産投資で収益物件を購入|優良物件セレクション

Real Estate

失敗から学ぼう

不動産投資で失敗する高値掴みと借入金過多を回避するためには

Real Estate

不動産投資というのは堅実にやっている限りはリスクはそんなに大きなものではありません。しかし、現実には不動産投資で失敗をしている人もいます。 その不動産投資失敗の原因の多くは、投資対象の価格を高値掴みをしていることと、借入金が多すぎることです。 不動産投資で高値掴みをする原因は、相場があがってきたときに自分の基準を忘れてしまうことです。この価格以上になったら希望利回りがとれないので投資しないという判断が値上がりの誘惑に負けてできなくなってしまい失敗してしまうのです。 また、借入金を使い適度なレバレッジをかけることは成功につながりますが、レバレッジのかけ過ぎは失敗につながります。家賃収入の減少や土地価格下落による担保価値減少で借入金返済ができない可能性があるからです。

不動産投資の失敗を知ること

不動産投資は、あくまで投資ですから、失敗する可能性があるものではあります。しかし、成功例を知ることによって、かなりその可能性を下げられるのです。 様々な工夫があるのですが、一つは自前にすることです。不動産投資では土地を自前にすることによって、かなり経費を下げられますから、抱える負債が少なくできます。 不動産投資は、かなり営業攻勢が強く、土地持ちはもちろんですが、それなりの資産があれば電話の一つくらいはかかってくるものです。やってはいけない、ということはないのですが、失敗がある投資なのです。失敗の大きさにもよるのですが、挽回できるレベルにしておくべきです。つまりは、不動産投資はあまり借金をしないでやるのが失敗しないコツであるといえます。