不動の人気を誇る不動産投資で収益物件を購入|優良物件セレクション

Real Estate

投資物件を複数口持つ

売買しやすい不動産投資商品を持とう

	不動産

中古ワンルームマンションよりも売買をしやすい不動産投資商品があります。それは上場不動産投資信託です。株式市場で売買をすることができるため、買い気配値、売り気配値がわかり、指値もできます。安く買って高く売るということがしやすい投資商品ということができます。毎日の売買高もそこそこあるので、換金したいときには即座に換金できるというのも特徴の1つです。また、投資口価格が膠着してしまい、自分が想定している売値まで、なかなか到達しない場合でも、保有しているだけで年に2回のペースで分配金をもらうことができるので、インカムゲインをもらいながらキャピタルゲインを待つということも投資戦略として採用することができます。

複数口保有して少しずつ売ろう

こまめにキャピタルゲインを得ようとしているのであれば、同じ銘柄の上場不動産投資信託を複数口保有しておくと良いです。なぜならば、1口のみ保有している場合ですと、相場がじわじわと上がり始めてきたときに、もう少し上がると我慢しすぎ、結局、売る時期を逃してしまうからです。複数口保有していれば、じわじわ上がってきたときに、少しずつ売却していくこともできます。最高値で売却はできなくても、最高値の付近では売却できるのです。今後、自己投資口の買付けができる期待もありますので、上場不動産投資信託の投資口は一定価格からは下げにくいという展開も予想されます。そのため、含み損が一定以上膨らみにくい投資商品になると言えます。